日帰りOK!価格もリーズナブルなプチ整形

今や整形大国の日本は日帰りでできる気軽は整形が身近になっている

おすすめリンク

カツラっていつからあるの?

カツラがいつ生まれ、そしてどこの国で誕生したのでしょう。カツラの歴史についての基礎知識。

プチ整形の「プチ」って何を指すの?

『2016年美容外科実施統計』の発表によると、美容整形が行われた国上位5位は以下のようになっています。
1位 アメリカ、2位 ブラジル、3位 日本、4位 イタリア、5位 メキシコ
整形大国と言われる「韓国」を抑え、日本は世界3位の座にいます。
これは「美容整形」全体の数値ですが、国際美容外科学会の統計によると、日本で施術された整形の割合として、メスを使う「整形」よりもメスを使わない「プチ整形」の割合は約3倍にものぼります。
こんなにまでプチ整形市場が伸びる要因として、大きく2つの背景が関わっていると推察されます。
1つ目は、女性が「第一線で働く仕事」を持つようになった点です。外界とのビジネス上の関係を耐えず持つことで、美意識が日常的に持たれるのは当然です。
通勤で目にする多くの雑誌やファッションで美意識は日々刺激されているものです。

その中で身近になった美容整形のニュースも目に留まる機会は多くなり興味を持ち、気軽さと罪悪感のなさが行動に移しやすくなったと思われます。
2つ目の要因は、女性が稼ぎ自由に使える「余力金」の存在も大きな要因であると考えられます。
パートで仕事をして稼いだお金では整形につぎ込むことなんてありえないことでした。
それが今は自分で稼ぎ、自由に使えるお金が十分ある時代です。
1つ目にあげた背景の上に、この条件が重なり、大人の女性がプチ整形を楽しむようになっています。
最近ではファストファッションの流行もあり、ファッションも低予算で楽しめるため、オシャレする機会もアイテムも溢れていて、お金のかける先という意識も以前より整形に向くようになったのでしょう。
ビジネスの場に綺麗で清潔に向き合えるのは仕事に向かう際の自信になるものです。

プチ整形の実態と背景

プチ整形とはメスを使わない治療のことです。 元の状態に戻したり、いずれ元に戻ることが特徴です。 例えば、切開せず医療用の糸を使用し二重まぶたにする施術があげられます。 抜糸をすることで元に戻せます。 また、鼻を高くしたり、胸を大きくする為使用するヒアルロン酸も、いずれは体内に吸収され、元の状態に戻ります。

プチと言えども今は多くの施術方法がある

切開をしないのがプチ整形というものです。では切開をしないでできる整形の方法は、どの程度あるのでしょうか。 調べてみると、「糸を使用」、「ヒアルロン酸注射」、「脂肪分解注射」、「ボトックス注射」、「レーザー照射」といった方法を各部位に用い、各所に効果的な変化を出すのが現状です。

プチは元どおりになる

プチ整形は、意図して元に戻す、元に戻っていくといった特徴があります。 戻ったときにどんな選択をするのか、それもプチ整形を考える上で大事なことです。 やってみて「自信がついた」「鏡を見るのが楽しくなった」という意見、一方で、「埋没の糸が気になった」「効果が感じられなかった」といった声もあります。

PAGE TOP